赤ちゃんのための本当に良い ファーストシューズ の選び方

1歳
ポシモ

こんにちはポシモです。

赤ちゃんの「初めての靴」となると、どう選べば良いのか迷いますよね。

まだ発達途中にある赤ちゃんの足にとって、「どのような靴を履くか」はとても大切なポイントになります。

 

今回は「ファーストシューズの選び方 」についてご紹介します。

「子供の寝かしつけの鉄則ルールと寝ない理由」についてはこちらでご確認くださいね!

この記事をまとめると

  1.  外でも歩けそうと判断した時に買いましょう
  2. 足首が固定されるものを選びましょう
  3. 大人がこまめにサイズチェックをしてあげましょう

 

ファーストシューズはいつから履くもの?

赤ちゃんの足は、フワフワで柔らかいですよね。

歩けるようになってきた子も、足の骨はまだまだ発達途中にあります。
ですので、靴は子供の足を成長させるための道具にもなります。

 この時期に合わない靴を履き続けてしまうと、足だけではなく身体にも悪い影響を与えてしまう可能性がありますので、丁寧に靴選びをしてあげましょう。 

 

ファーストシューズの月齢の目安

歩いても2、3歩かな?という時はまだ必要ありません。

 室内で歩けるようになり「お外でも歩けそう」と感じた時に履かせてあげてください。 発達には個人差が出てきますので、お子様の様子を見守りながら判断してあげてくださいね。

だいたい3ヶ月ぐらいでセカンドシューズに買い替えていく時期がきます。

 

ファーストシューズを選ぶ時のポイント

ポシモ

まずは「靴に慣れる」ということから始めましょう。

3歳までに履く靴は、特に子供の足の成長に影響を与えますので、利便性を重視していきましょうね!

 

足首が固定されているか

足首が固定される靴を選びましょう。

足首と踵が靴とぴったり寄り添っていれば、靴の中で足が前に滑ったりずれたりすることを防ぐことができます。

ポシモ

靴をしっかり履くことができているのであれば、靴下は滑りどめがなくても大丈夫です。

 

足の指の付け根部分が曲がる

裸足で歩く場合と同様に、指の付け根部分が曲がる靴を選びましょう。

自然に歩く運動を妨げないことがポイントです!

 

足の甲の高さをチェックしましょう

同じサイズでも、作りが違うと靴の幅や甲の高さが違ってきます。

 

 

靴底が固くない物

ある程度の衝撃を吸収してくれる弾力のある物を選びましょう。

柔らかすぎず硬すぎずが理想的です。

 

子供を立たせてサイズをチェックしましょう

大人が靴を買う時、立ってみたり歩いてみたりして履きやすさのチェックをしますよね。体勢によって体重のかかり方が違いますので、「座っている時はいいと思ったけど立ってみたらサイズが合わない」という経験があると思います。

初めて靴を履く赤ちゃんの中には嫌がる子もいますが、大人と同じように赤ちゃんを立たせてサイズをみてあげてくださいね。

ポシモ

「歩いてみたらかかとが浮いた」「なんだか歩きにくそう」などの様子がみられないかチェックしてあげましょう。

 

ぴったりサイズを選びましょう

「すぐに成長するから大きめを買おう」と大きめサイズを選ぶ事は、靴では避けましょう。

足の指の運動を妨げたくないので、大体1センチぐらいの余裕がある靴をおすすめします。

爪先が常に当たるようになった靴を履き続けると、巻き爪などのトラブルを引き起こす可能性があります。

できれば、お店で測定してもらうと安心ですね。

ポシモ

アシックスのサイトで足長計がダウンロードできるようになっていましたので、自分でチェックされる方は使ってみても良いですね。

 

スリッポンタイプってどうなの?

有名スポーツブランドでもスリッポンタイプの靴が出ていますが、 「足首がしっかり固定されている」靴を選んでいただきたいです。 

ポシモ

靴下と靴が合体しているタイプの靴もよく見かけますが、あちらも足首が固定されませんね…
室内履きの靴として使われる方も見えるようですが、ポシモ的には、裸足で足の裏を刺激した方がいいのではと考えています。

「履いてはいけない」ではなく、状況によって使い分けてあげてください。

 

おすすめのブランド

ポシモ

ここからはファーストシューズにおすすめのブランドをご紹介します。

ブランド選びも大切ですが、 かかとをトントンして履くことを忘れないようにしてくださいね! 

アシックス

【軽量 12~14.5cm ベビー MS B88 ネイビー 13.5 cm 2E】

 

リコスタ

ポシモ

リコスタのラルフ・リーカー社長はこのようなことをおっしゃっていたようです。

「子供の足の成長にとって最も大切なのは、最初の6年間です。この間に靴代を節約し、悪い靴を履かせると、大人になってから足の障害、時には全身の障害になって表れます。
節約のために、一生の健康を失うとしたら、どっちが本当の節約なのだろうかと」

(靴ジャーナリスト・大谷知子さんの文より抜粋)

 

気になる方は写真のリンクからサイトへ飛んでくださいね。

ポシモ

中敷を定期的に調整してもらえる方におすすめです。調整できない場合は、あまりおすすめはしません!

フラウプラッツ 山幸

「子どもの足の発達と靴えらびの大切さ」を伝えるために講演会などもされています。

販売だけではなく、身体に合った調整や加工をしてもらえます。

 

ポシモ

足に合わせた靴を履けるなんて幸せですね!!

 

この本をチェック!

先ほど、リコスタのラルフ・リーカー社長のお話をご紹介しましたが、詳しくはリコスタのサイトのコラムで読むことができます。

コラムを書かれている靴ジャーナリスト・大谷知子さんの書籍もご紹介します。

 

ポシモ

今回は、ファーストシューズの選び方についてご紹介しました。

子供の足のサイズは日々変化していきます。「きつい!」と自己申告ができない年齢の子供は特に、大人がこまめにサイズチェックをしてあげてくださいね。きつくなったらすぐに買い替えましょう。

 

こちらでは「赤ちゃんとテレビ・スマホの付き合い方」についてご紹介していますので、よろしければ遊びに来てくださいね!