【助産師に聞いた】赤ちゃんを確実に産み分けたい人へ

妊娠中

ポシモ

知育講師のポシモです。

今回は助産師さんに聞いた「男女の産み分け方法」についてご紹介します。

 

今回はこんな人におすすめ!

・手法は選ばない!とにかく確実な産み分け方法が知りたい。

・手軽に産み分けをしたい

 

赤ちゃんの産み分けは本当にできるのか

 

赤ちゃんの産み分けは、手軽に100パーセント行えるようなものではありません。

ですが、確率は低くても、産み分けに興味がある方でしたら、市販のもので試すことができます。

 

「確実に産み分けたい人」には、後ほど産み分けの方法についてご提案させていただきます。

ただ、手軽ではございません。

 

性別は受精の瞬間に決まる

 

【助産師に聞いた】赤ちゃんを確実に産み分けたい人へ

 

性別を決めるための染色体の組み合わせによって、赤ちゃんの性別が決まります。

 

パパとママが持っている染色体

精子:XもしくはY

卵子:X

 

このように性染色体はXとYがあり、精子はXもしくはYのどちらか1本の染色体を持っています。

性別が決まる組み合わせはこちらです。

男の子:XY

女の子:XX

ですので、染色体の組み合わせがどうなるか?によって性別が決まっていきます。

 

赤ちゃんの具体的な産み分け方法「膣内ゼリー」

 

こちらは市販されているので手に入りやすいです。

女性の膣内に注入して潤滑剤のようにして使います。

このゼリーによって膣内の酸性度を変えることができますので、男女の産み分けにおすすめという物ですが、医学的には証明されていません。

 

ベイビーサポートボーイ 正規品(日本製)

ベイビーサポートガール 正規品(日本製)

 

赤ちゃんの具体的な産み分け方法「男の子が欲しい人へ」

 

男の子が生まれるためには「XY」の染色体が必要になります。

そのためにはY精子が好む環境作りが必要です。

男の子を生みたいママがすること

・毎日リンカルを服用する
(リンやカルシウムが主成分のもの)

・ジャスト排卵日に仲良しする
(Y精子が好むアルカリ性の頚管粘液となっています。)

・仲良しの時に男の子用ゼリーを使う

 

 

赤ちゃんの具体的な産み分け方法「女の子が欲しい人へ」

 

女の子を産みたい方は「XX」の染色体が必要なんですよね。

 

女の子を生みたいママがすること

・排卵日2日前に仲良しする
(X精子が好む酸性の頚管粘液となっています。)

・仲良しの時に女の子用ゼリーを使う

女の子が欲しいママは、排卵日2日前に仲良しする場合、男の子を産みたいママよりも妊娠率は下がる可能性があります。

 

注意したいポイント

ゼリーの使用や、排卵日前後の日数を計算しての産み分け方法は、医学的に証明されたものではございません。

これらの産み分けは、おまじないのようなものとして捉えてくださいね。

 

 

100パーセント産み分けをしたい人へ

女の子を生みたいママがすること

 

100パーセント産み分けがしたい人は、「人工授精」という手段をとる必要があります。

ゼリーに比べてかなり産み分けの確率は高くなりますが、やはり100パーセント確実に産み分けをすることは難しいようです。

 

着床前胚スクリーニング

 

現状ではこちらが一番確実な方法と言えます。

 

妊娠や出産をする確率が高くなるためのものです。

受精卵の染色体数を調べて、異常のない受精卵を子宮に戻します。

 

この時に、希望の性別の染色体の受精卵を子宮に戻すことにより、性別を産み分けることが可能になります。

 

欧米で受けることができますが、倫理的な観点から、日本ではまだ実用化されていません

ただし、日本在住でも、欧米で利用することはできます。

 

着床前診断

 

体外受精でできた受精卵の染色体や遺伝子を検査することによって、男女の産み分けが可能になります。

ですが、着床前診断の目的は産み分けではございませんので、誰でもできる物ではありません。

 

・着床前遺伝子診断(PGT)

・染色体異常による習慣流産

・遺伝する重い病気がある

 

このような場合に行われる診断です。

 

この診断でも、性別と病気の発症に関連性がある時に性別を調べますので、確実に性別がわかるものではありません。

 

 

ポシモ

今回は、赤ちゃんの産み分けについてご紹介しました。

性別がどちらにせよ、愛らしい赤ちゃんに会える日が楽しみですね!

 

年齢別期の幼児期の 発達 と 接し方 生後1ヶ月〜5ヶ月

 

早期教育と幼児教育は何が違うのか。早期教育の特徴とは。